女性

ベイザーで理想のスリムボディに大変身|コンプレックスを解消

頬をリフトアップする

スキンケア

年齡を重ねるとしみやしわなどといった様々な問題に悩まされます。しみやしわなどの問題と同時に出てくるのは頬のたるみです。顔には表情を作る表情筋がありますが、この表情筋は使用しなくなるとどんどん衰えしまいます。皮膚を支えている表情筋が衰えてしまうと皮膚と筋肉層の間にある脂肪を筋肉が支えられなくなることで皮膚がたるんでしまいます。このような事態になった場合は表情筋を鍛えるための運動なども効果的ですが、短期間で効果を得たいのであればフェイスリフトなどの美容整形を行なうのが良いとされています。頬のたるみ改善を行なう際には数が多いので自分が安心して受けられる施術方法を選ぶと良いでしょう。頬のたるみを解消したいのであれば切開を行なう施術やレーザーや超音波などもあります。最近ではヒアルロン酸やボトックス注射などの注入治療などもあるので自分に合った治療方法はどれか、医師と相談してから決定しましょう。

頬のたるみの改善方法は様々ですが、施術方法によって持続期間も大きく変わってきます。一般的に切開を行なったり、糸を利用した皮膚を引き上げたりするタイプのフェイスリフトは効果が長く続く傾向にあります。しかし、レーザーやヒアルロン酸やボトックス注射の場合は個人差にもよりますが3ヶ月から半年で効果がきれてしまうこともあるのです。気軽に利用することが可能な注射タイプは料金もかなり低価格で受けやすいですが、定期的に施術を受ける必要があります。切開や引き上げるタイプは半永久的に効果が持続するとされているので料金は高い傾向にありますが、数年は効果が持続するので頻繁に施術を受ける必要はありません。